1. ホーム
  2. 治療方法
  3. 医薬部外品育毛剤
  4. ≫モウガの効果の解説@バスクリンの育毛剤

モウガの効果の解説@バスクリンの育毛剤

バスクリンから発売されている『モウガ』は、配合されている3種類の有効成分が、全て生薬由来の自然派な育毛剤です。
モウガ

以前に当サイトでも紹介した資生堂のアデノゲンのような育毛剤は、化学系の物質として『βグリチルレチン酸』や『パントテニールエチルエーテル』を含んでいますので、そちらとは方向性の異なる商品ですね。
育毛剤アデノゲンの効果と特徴

なお、生薬有効成分として、ショウキョウチンキ、センブリ抽出液、ニンジン抽出液が含まれているほか、植物性保湿成分としてボタンピエキスが含まれています。

これらの内で、ショウキョウチンキはショウガの根茎から抽出されたエキスであり独特の香りがあるため、古くから香辛料として使われています。このエキスには血行促進や抗菌作用があるほか、毛包細胞増進作用や育毛作用があるものです。

続いて、センブリ抽出液には血行促進作用や細胞増殖作用があり、育毛をサポートします。ニンジン抽出液は抗炎症作用や、抗酸化作用のほか、血行促進作用や育毛作用があります。

そして、植物性の保湿成分であるボタンピエキスには、保湿作用のほか消炎作用や抗酸化作用もあり、頭皮トラブルの改善に役立ちます。

モウガの生薬は、使用する生薬によって抽出される成分が異なってくるという理由から産地を限定したものを使用しており、ショウキョウ、ニンジン、センブリ、ボタンピという4つの生薬を組み合わせた相乗効果で、頭皮の毛細血管と毛包細胞に直接作用する生薬のシナジー効果が期待できます。

これらの働きによりヘアサイクルを正常にし、髪を強く根強いものにするよう働いてくれるわけです。そして、休止期にある髪の毛を成長期へと導き、根をしっかりと張らせながら伸ばしていきます。そうすることで、成長途中の髪が抜けにくくなりますので、太く長い髪を育てやすくなるんですね。

また、毛包細胞の活動が弱まり抜けやすくなる退行期に入るのを遅らせ、長く成長期を持続することをサポートしてくれます。

モウガの使用方法は、1日1回の使用が推奨されています。リアップX5やアデノゲンなどの育毛剤は朝・晩の2回の使用が基本ですので、1回だけで良いというのは利用者にとってはかなりラクに使うことができます。

頭皮全体に液をなじませたあと、頭皮をマッサージすることで有効成分が頭皮のすみずみまで行きわたり、さらにマッサージ効果による血流促進も期待できるためより効率的に育毛に取り組むことが可能です。

ただし、モウガは効果の強い医薬品に該当する商品ではありません、あくまでも医薬部外品です。ですから、髪を生やすことが目的の場合には、AGAクリニックでの本格的な薄毛治療に取り組むことを推奨します。

なお、大阪で評価の高いクリニックは次のページで解説中です。
大阪の薄毛治療病院ランキング

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.