1. ホーム
  2. 治療方法
  3. 自毛植毛
  4. ≫切らない方法で自毛植毛をすることはできないの?

切らない方法で自毛植毛をすることはできないの?

男性の薄毛は以前は治療でも改善が難しいとされていましたが、現在はAGA治療も進化しており、様々な方法で悩みが改善できるようになっています。

まだ脱毛が初期の頃は、塗り薬ミノキシジルや飲み薬フィナステリドで対応をすることは可能ですし、頭皮へ直接に育毛成分を注入するメソセラピーやHAGR治療のような方法もあります

しかし、症状が進行して、かなり薄毛が進んでいる人の場合、それらだけでは良い改善が得られない場合もあります。

そこで、注目されているのが、自毛植毛です。これは、自らの後頭部や側頭部の髪の一部を皮膚ごと切り取って、薄くなった部分に植えつけていくという方法です。

植毛と聞くとナイロン毛を植える人工毛植毛をイメージする方が多いですが、その方法では植えた毛が伸びることはありませんし、人工毛が抜けたらまた手術をやり直さなくてはいけません。また、体が拒絶反応を起こす危険もある、安全性の引く手術と言えます。

実際にアメリカでは人口毛の植毛はすでに禁止されていますからね。おそらく、今後日本でも禁止されるようになるでしょう。人工毛植毛はそのように危険性が高い上に、費用も時間も莫大にかかる方法です。

一方、自毛植毛の場合は、人工毛のように拒絶反応が起きることは少なく、しっかり定着したあとはメンテナンスの必要もありません。ずっと髪が伸び続けてくれます。

かつらや人工毛の植毛とは違い、本物の髪が復活しますので、仕上がりも自然で、髪型も自由に楽しめるのがメリットと言えるでしょう。そして、男性にはもちろん、女性の薄毛にも有効な方法です。

なお、基本的に自毛植毛の場合は、一部の皮膚を切り取りますので、その部分を目立たないよう縫合していきます。

髪が伸びてくると傷も目立たなくなりますが、やはりメスを使うと体にも負担がかかるというデメリットがあることも事実です。そのため、できることなら、切らないで植毛できればと考える方が最近増えてきています。

そして、そのような方におすすめできるのが、メスを使わないタイプ手術方式です。例えば、湘南美容外科クリニックで導入されている自毛採取用ロボットARTAS(アルタス)を利用した手術なら、ドナー(植える)を採取する際に頭皮を切ることはありません。

アルタス

これなら体への負担も少なく、傷も目立ちませんが、それだけではなく、ドナーへのダメージも極力抑えられています。また、植毛後の定着率も良いとされている手法です。

湘南美容外科クリニックは大阪の梅田駅や西梅田駅の近くにあり、無料カウンセリングも実施していますので、髪のことで悩んでいる方はまずは相談をされるのが良いでしょう。

湘南美容外科クリニックの薄毛治療の評判については、下記の記事で紹介していますので、よろしければそちらもご覧ください。
湘南美容外科クリニック梅田の評判

また、手作業での切らない自毛植毛をしたい方には、アイランドタワークリニックの『iダイレクト法』がおすすめです。アイランドタワークリニックの評判は下記で紹介しています。
アイランドタワークリニック大阪の評判

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.