1. ホーム
  2. 治療方法
  3. ミノキシジル
  4. ≫ミノキシジルが生え際の薄毛には効果が出にくい理由

ミノキシジルが生え際の薄毛には効果が出にくい理由

生え際が薄い男性

脱毛予防や発毛促進を目的とした薄毛改善のための様々な成分が開発されていますが、最も効果が高いと認められているのがミノキシジルというアメリカで開発された成分です。

アメリカのファイザー製薬が降圧剤として開発したのですが、発毛促進の効果が確認された事により、薄毛の治療薬として使用されるようになっています。

ミノキシジルを利用した事による発毛促進のメカニズムについてですが、これは血行を促進させることで、毛乳頭へ栄養を届きやすくすることで、髪の成長を促すというものです。

臨床試験においても、かなり進行した状態の薄毛が改善されたという事が報告されていますので、ミノキシジルの効果は医学的にも疑いがもたれる様な内容ではありません。

ミノキシジルは、頭髪を含む体毛全体の発毛を促進させる作用があり、特定の薄毛を対象とした成分ではありません。特に頭頂部の薄毛に対して有効であり、無毛化してしまった様な状態からも頭髪が成長するケースも少なくないです。

しかし、男性の薄毛に多くみられる生え際の薄毛に対しては、頭頂部ほどの改善を期待する事はできないと言われています。では、それはどうしてなのでしょうか?

薄毛には円形脱毛症のようなものありますが、その大部分はAGA(男性型脱毛症)という症状です。男性ホルモン・テスとステロンが、毛根付近にある還元酵素5αリアクターゼにより活性化されたことで、生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が原因です。

なお、DHTの生産に関与している還元酵素ですが、生え際の毛根部分に多く存在していると言われています。そう考えるとこの部分の薄毛が進行するのは、DHTの影響を強く受け抜け毛の増加本数が増えるからです。

そして、ミノキシジルには抜け毛予防をする働きはありません。そのため、ミノキシジルだけでは生え際の薄毛を改善させることは難しいんですね。いくら髪が生えてきても、抜け毛を予防しなくては毛髪の本数は増えませんからね。

抜け毛を予防するためのAGA治療薬としては、フィナステリドがあります。メルク社が販売しているプロペシアや、そのジェネリックのフィンペシアに配合されている成分です。

ですので、生え際の抜け毛が気になっている方は、ミノキシジルだけでなく、フィナステリドも併用してAGA治療に取り組むべきです。そうしないと、発毛を促進させても薄毛の進行を防止する事は出来ません。

それらのAGA治療のための、育毛剤や内服薬やAGAクリニックで処方してもらうことが可能です。大阪にあるおすすめのAGAクリニックについては、以下の記事でも厳選して紹介していますので、よろしければご参考にしてください。
大阪のAGA病院ランキング

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.