1. ホーム
  2. 治療方法
  3. ミノキシジル
  4. ≫内服発毛薬・ミノキシジルタブレットの副作用の症状まとめ

内服発毛薬・ミノキシジルタブレットの副作用の症状まとめ

ミノタブ

薄毛を改善するために様々な方法が考案されていますが、残念ながら中には効果が期待できない種類もあります。特に育毛剤は詐欺まがいの製品もいまだに販売されていますので、どの商品を使うかは特に注意が必要です。

ただし、どの育毛剤を選べば良いかというのは、これから薄毛改善に取り組む方にとっては非常に難しい選択と言えます。

そこで、利用者が正しい方法を選択するために発表されたのが、日本皮膚科学会が発表した薄毛治療のガイドラインです。薄毛改善のための主な方法の中で、医学的根拠に基づいているものから順番にランク付けを行っています。

日本皮膚科学会の薄毛治療のガイドラインの中で、最も高い評価を得たのがミノキシジルとプロペシアです。強くおすすめできるという意味のAランクを獲得しています。この内で、プロペシアは男性型脱毛症という特有の症状に対してのみ効果を発揮する治療薬なので、発毛についてはミノキシジルが最も効果を期待できると判断できます。

なお、ミノキシジルはアメリカで高血圧の治療薬として開発された成分であり、発毛を促進する効果が確認された後に育毛剤として利用されるようになってきたものです。

特に、頭頂部の薄毛に対しては効果的であり、かなり進行してしまった段階からでも回復したというケースも報告されています。また、薄毛を専門に治療するAGA病院でも投薬治療の場合には、ミノキシジルが配合されたロゲインやカークランドを使用するケースがほとんどです。

そして、そのミノキシジルの効果をさらに高めるためにタブレットタイプのという内服薬も登場しています。ミノキシジルタブレットやミノタブの名称として知られている商品です。

ミノタブなら内服薬としてミノキシジルを頭皮に浸透させるのではなく、体内から吸収するという事で、より高い効果を期待することできます。

ただし、高い効果があるというのは、それだけ副作用の危険もあるということです。ミノキシジルは、本来は血圧を下げるという成分なので、血圧の病気がある人は場合は十分な注意が必要しなくてはいけません。それに、血流に影響を与えることから心臓に病気がある人も使用には注意しましょう。

また、発毛効果は頭髪だけに限定されたものではないので、体毛全体が増加するという副作用が伴います。

以上、まとめるとミノタブには次のような副作用が起こる可能性があります。

■ミノキシジルタブレット副作用まとめ

  • 血圧系への影響(心臓への負担など)
  • 体毛や顔の毛の増加

ミノキシジルを使用する前には、それらの副作用があることを理解した上で使用をするかどうかを判断するようにしてくださいね。

なお、ミノキシジルタブレットは薬局では購入することができませんので、使用したい方はAGAクリニックで処方をしてもらう必要があります。当サイトでも大阪でお勧めのAGAクリニックを紹介していますので、そちらをご参考になれば幸いです。
大阪でおすすめのAGAクリニック

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.