1. ホーム
  2. 治療方法
  3. プロペシア
  4. ≫プロぺシアの原因で発症したEDは薬をやめれば解消する?

プロぺシアの原因で発症したEDは薬をやめれば解消する?

インターネットを調べていると、さまざまな薄毛治療に関する情報を見つけることができます。それらの中でも、AGA治療に特に注目を受けている薬がプロペシア(フィナステリド)です。

ただ、この治療薬にはある副作用があると言われています。それが男性機能が低下してしまい、EDになるリスクが高くなることです。つまり、勃起力が低下していまような症状です。

プロペシア

その副作用について詳しく解説する前に、まず男性型脱毛症(AGA)と言うのがどのような薄毛なのかなのですが、AGAは遺伝による男性ホルモンの乱れにより薄毛の症状が起きると言われています。

男性ホルモンが体内にある酵素5αリアクターゼと結びつくことで、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる強力な男性ホルモンを作りだします。このDHTが髪の毛の周期の内成長期の期間を極端に短くすることで、薄毛の症状が出て来るんですね。

髪の毛の成長期は2年から3年ほどの期間が有るのがふつうなのですが、男性型脱毛症の人の成長期の期間は半年やそれよりも短い特徴があります。そして、太く長く育つはずの髪の毛が半年の中で抜けてしまう事からも薄毛の症状を引き起こしてしまうのです。

そして、プロペシアはこのDHTを阻害して、髪の毛の成長期を正常な状態に戻してくれる効果を期待出来るのです。

話を戻しまして、プロペシアの副作用のEDについてですが、たしかに臨床試験では性欲減退の副作用は一例として報告されています。しかし、副作用は必ずしも起きるものではありません。

それに服用を止めることで男性ホルモンが正常化して元の状態に戻る可能性が高いです。ですので、危険というよりはむしろ安全性の高い部類の治療薬と言えます。

ただし、これは医師などの処方を元に服用した場合であり、外国製のプロペシアなどを通販で購入して自ら服用をしている場合、もしかしたら購入しているものが偽物であり、副作用の症状が強い可能性だってあるので危険です。ですから、きちんとAGA病院でプロペシアを処方してもらうようにしてください。

なお、プロペシアの使用上の注意の中にも書かれていますが、副作用はEDだけではありません。その他の症状については、次の記事で紹介していますので、そちらをご参照して頂ければ幸いです。
薄毛治療薬・プロペシア(有効成分フィナステリド)の副作用

今回の記事では、プロペシアについて紹介をしましたが、もちろんジェネリックであるフィンペシアやエフペシア、フィナロについても同じことが言えます。

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.