1. ホーム
  2. 治療方法
  3. プロペシア
  4. ≫日本製のプロぺシアは個人輸入で買うことはできません!

日本製のプロぺシアは個人輸入で買うことはできません!

男の人の薄毛の大部分は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる症状です。そのメカニズムを解説すると、体内にある男性ホルモンの一種であるテストステロンが、還元型酵素5αリアクターゼによって活性化され、DHTという物質が作りだされるんですね。

このDHT(ジヒドロテストステロン)には、抜け毛を誘発する働きがあるため、ヘアサイクルが乱れた毛量はどんどん減っていきます。また、DHTには皮脂の分泌量を増加させるという作用もあり、それも抜け毛につながるといわれてます。

薄毛

DHTの生産にかかわっている還元酵素は2種類があり、生え際から頭頂部にかけての毛根に存在している種類が、男性型脱毛症に関係していると考えられています。そして、この種類の還元酵素の働きを制限すると言われているのが、飲む薄毛治療薬のプロペシアです。

なお、プロペシアにはフィンペシアやエフペシアのようなジェネリックもありますが、それらにも有効成分フィナステリドが配合されていますので、抜け毛抑制のためにはどれも同じ効果を期待できます。

そして、プロペシア還元酵素の働きを制限する事により、テストステロンがDHTに変換される事を防止します。それにより、皮脂の分泌量も正常な状態に回復するので、頭髪の成長も正常に行う事が出来るようになるんですね。

以上のように、男性型脱毛症の根本的な原因を改善するというのが、プロペシアの効果です。

ちなみに、プロペシアはアメリカのメルク社で開発されて薬ですが、男性型脱毛症の治療薬として世界60カ国以上で利用されています。3年間使用すれば、約80パーセントの確率で薄毛が改善される事が報告されており、かなり期待の持てる内容です。

日本では男性型脱毛症の治療を行っている医療機関で購入する事が出来ます。海外でも使用されている治療薬であり、海外性のプロペシアは、オオサカ堂のような個人輸入代理店でも購入する事が可能ですが、日本製を手に入れたい方はAGAクリニックで処方をしてもらうことが必要です。

ただし、プロペシアはEDや肝障害のような副作用の危険がある薬です。それらの副作用が不安な方は、個人輸入を活用せずに、必ずお医者さん診察を受けた上で、服用を進めるようにしてください。

なお、どのAGA専門病院にするか悩んでいる方は、次の記事でも大阪の難波・心斎橋・梅田地区にあるおすすめのクリニックを紹介していますので、そちらをご参考にして頂ければ幸いです。
梅田でおすすめのAGAクリニックランキング

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.