1. ホーム
  2. 治療方法
  3. プロペシア
  4. ≫内服育毛薬プロペシアはどんな薬なの?【効果や特徴】

内服育毛薬プロペシアはどんな薬なの?【効果や特徴】

内服育毛薬プロペシアは飲むAGA(男性型脱毛症)治療の薬とも言われています。この薬はアメリカのメルク社が開発した商品であり、現在は世界60ヶ国以上で使用されています。そして、日本でも2005年より承認、販売が許可されました。

プロペシア

この記事を執筆している時点で、日本でもおよそすでに10年の歴史がある薬です。それだけ、長い間利用され続けているのは、実際に効果を実感している人が多い証拠と言えます。

効果を感じる人のいない薬がそれだけ長期間に渡り、販売・需要が継続することなんて、ありませんからね。それに売り方が上手いだけでも、それだけ世界中で愛用されることはありえません。何より、日本国内では日本皮膚科学会も薄毛治療のために使用を推奨している薬ですからね。

なお、実際にどういった仕組みで、プロペシアが薄毛対策に作用するのかについて、続いて解説をします。

まず、男性はどうして中年になるにつれ髪が薄くなっていくのでしょうか?それは、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が髪の生成を妨げるということが分かっています。

そして、頭皮にある5α還元酵素という成分がDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を促します。このせいで、どんどん抜け毛が増えていくんですね。

なお、プロペシアは5α還元酵素の働きを抑えることによってDHT(ジヒドロテストステロン)を減らし、髪が薄くなる原因自体をなくすような働きをするのです。

プロペシア被験者のデータとして、多くの男性が成果があったと回答をしていますが、効果がなかったという人でも、おおむね現状を維持しており、以前よりも悪くなった(薄くなった)という人はほんのわずかな割合しかいませんでした。

この結論からも薄毛になる原因というもの自体は、すでにほぼ解明されており、その治療薬としてプロペシア(配合されている成分フィナステリド)は効果があったと言っても良いでしょう。

現在、プロペシアは日本国内で販売されていますが、購入には医師の処方箋が必要となり、保険も対象外になります。そういった意味でED治療薬のバイアグラと似ています。

また、プロペシアも同様に個人輸入代行業者が多く存在しますので、自分が使用するだけの量であれば、インターネットでネットショップ感覚で購入することが可能です。

ただし、個人輸入代行業者の中には、偽物の粗悪品を販売しているところもありますので、本物のプロペシアを手に入れるならAGA治療の専門クリニックを利用するのが間違いありません。

下記の記事内でも、大阪市内の梅田・心斎橋・難波周辺で患者さんからの評価が高いAGA病院をピックアップして紹介していますので、どの病院で治療するか悩んでいる方は、ご参考にしてください。
大阪のAGAランキング

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.