1. ホーム
  2. 治療方法
  3. プロペシア
  4. ≫プロペシアをやめたら薄毛はまた進行するの?

プロペシアをやめたら薄毛はまた進行するの?

プロペシア

プロペシアは効果を発揮するまでに、半年以上は継続使用することが必要となります。また、1年以上使い続けると改善する人の割合の増える薬でもありますので、途中でやめない根気が必要です。

なお、プロペシアに含まれる有効成分のフィナステリドが、具体的にどのくらいの人に効果があるのかについてですが、3年間に渡り継続使用した場合には78%もの人が改善したというデータもあります。

ちなみに、1年使用した場合の改善率は58%ですので、継続した方がより高い効果を期待できることが分かります。ですから使用を決めた方は、すぐに結果がでなくても諦めないことが大切です。

それにたとえ飲んでいる最中に症状が改善したとしても、飲むのをやめてしまえば薄毛の症状は進行しますので、結果が出ても続けることを心がけましょう。

また、プロペシアの働きについてですが、は頭髪の育毛を妨げる男性ホルモン生成する酵素『5αリアクターゼ』に作用し、抜け毛を予防するというものです。

ですので、それ自体に髪の毛が生えるようにするための栄養が入っているようなものではありません。つまり、即効性はないのです。

服用を継続することによって体内(頭皮)のなかのシステムを少しずつ変えるようなものなので、すぐに効果が出なくとも信じ続け、使用し続けることが最も重要となってきます。

そのため、プロペシアをやめたら薄毛は進行し、使用前の状態になります。途中で止めてしまってはもともと服用していなかった状態と同じになってしまいます。

なお、抜け毛予防が目的ではなく発毛目的で育毛剤の使用を検討している方は、ミノキシジルを使用を考えてください。リアップやロゲインに含まれている成分です。

それから、根気よく使用を継続するためにはまず、すぐには効果が出ないということをあらかじめ理解しておく必要があります。そして、もし途中で効果を信用できなくなってしまったら、服用をしてきた人たちの成功談を読むことなどがお勧めできます。

インターネットで検索すればその効果の事例は無数に存在します。プロペシアはアメリカでは1990年代より開発され、その後販売が始まりました。日本国内では2000年代に厚生労働省で承認、その後販売され、すでにおよそ10年の歴史があります。

世界規模でみれば60カ国以上で使用されています。ほとんどの先進国で使用されているといっても過言ではありません。成功事例は国内にとどまらず世界中にあるのです。即急な効果は期待せずに、服用を生活の習慣の一部に取り込むような自然な使用法が継続のコツですよ。

また、気になる副作用については次のサイトの内容が、シンプルに解説されていて分かりやすいです。プロペシアに使用に安全性の面で不安に感じている方は、ぜひチェックしてみてください。
プロペシアの副作用をまとめ

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.