1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 薄毛の原因
  4. ≫喫煙はAGAを進行させる原因になる

喫煙はAGAを進行させる原因になる

喫煙

AGA進行させる生活習慣の1つが喫煙です。では、どうして喫煙が髪によく無いのかについて、詳しく解説します。

まず、タバコを吸うことで体内の血管は収縮します。そして血管が細くなれば、血行が悪くなってしまうんですね。そして、私たちの髪は血液から栄養を受け取っているため、発毛や育毛のための栄養が毛母細胞へと届かなくなってしまいます。

それによって髪の毛の発育に影響が出たり、抜け毛が増えるわけです。また、喫煙することにより、男性ホルモンが毛根に悪影響をもたらし、AGAによる薄毛を更に進行させるとも言われています。

以上のように、薄毛でお悩みの方にとってタバコは悪影響があったとしても良いことは全くありません。それに、タバコの害は血行を阻害したり、男性ホルモンの悪影響を増加させるだけではなく、健康にも害を与えます。

もちろん、髪は体の一部なのですから、健康に害があるということは、間接的に髪の毛に悪影響があるということです。

例えば、タバコを吸うことでビタミンが消費されますが、それも髪の毛を作るためには大切な栄養です。タバコを吸うことで、髪に栄養が届かなくなるだけでなく、届けるための栄養も浪費しているのですね。

せっかく髪の毛のためにサプリメントなどで栄養を補っても、タバコによって消耗してしまえば、肝心の髪の毛で使うことができなくなります。喫煙は肝臓にも負担を与えます。肝臓が解毒のために働くことで、栄養を必要な形に作り変えたりする働きのほうが十分に得られなくなるデメリットだってあるんですね。

それにより、せっかく栄養を摂取しても代謝が低下してしまい、髪の毛を作ることができなくなります。タバコを購入するのにも費用が必要です。agaが気になっているのなら、禁煙してタバコに使っていたお金を髪の毛のために使ったほうが効果的です。

薄毛でお悩みの方は、AGAの進行をなるべく遅らせたいと考えてらっしゃるはずです。それなら、まずは禁煙に取り組むべきでしょう。禁煙はお金の必要がないのに、効果を期待できるノーリスクハイリターンの育毛方法ですよ。

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.