1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 薄毛の原因
  4. ≫筋トレをすると男性ホルモンが増加して薄毛になる?

筋トレをすると男性ホルモンが増加して薄毛になる?

男性ホルモン

筋トレをすると男性ホルモンが増加して、薄毛になるという噂を耳にした男性は多いはずです。この噂は本当のことなのでしょうか?

もし本当だとすれば、一般の男性よりも体を鍛えているプロのスポーツ選手などは、みんな薄毛になっているはずです。そう考えれば、この噂が本当ではないこと、男性ホルモンと薄毛が直接的に関係ないことは簡単にわかります。

それに男性ホルモンは、生きていくうえでとても重要なものです。男性ホルモンが欠乏すると、EDになったり、うつ症状になったりすることがあります。男性ホルモンを増加させることは、悪いことではないのです。

ただし、ここからは注意をして聞いて頂きたいのですが、すでにAGAを進行している人の場合、筋トレで男性ホルモンを増加させることが薄毛の原因になる可能性はあります。

というのは、筋トレをして男性ホルモン・テストステロンが増加した結果、そのテストステロンが体内の酵素5αリアクターゼと結合して、活性の強い男性ホルモン・ジヒドロテストステロンに変換されるからです。

このジヒドロテストステロンが脱毛のスイッチを入れ、健康な髪が育ちにくい環境を作ります。また、筋肉も髪もたんぱく質でできているため、筋肉の増強や回復にたんぱく質が使われ、髪を作るためのたんぱく質が不足して、髪が栄養不足に陥り健康な髪が育たないということも考えられます。

ただしAGAは治療ができない病気ではありません。ミノキシジルやフィナステリドのような薬が開発された今では、適切なケアを行えば治療は可能です。ですから筋トレをやめる必要は全くありません。

上述した薬は筋トレをしながらでも、使うことは可能ですので、薄毛が気になるけれども筋トレや運動をしたい方は、それを活用して薄毛治療に取り組むのが良いでしょう。

なお、ミノキシジルはロゲインやカークランドに、フィナステリドはプロぺシアという育毛剤に配合されています。それらはAGAクリニックであれば、処方をしてもらうことが可能ですので、興味のある方は病院で相談するようにしてくださいね。

当サイトでも、無料カウンセリングを行っている大阪でお勧めのクリニックを次の記事で紹介していますので、そちらもご参考になれば幸いです。
大阪のAGAクリニックランキング@発毛・薄毛治療の病院

それからAGAは放っておけば、どんどん薄毛になっていく可能性があります。また、ストレスなども薄毛の原因と言われています。薄毛の悩みがあると、いろいろと気にしてしまうことも多いとは思いますが、噂など気にせずにストレスなく生活していくことが髪には重要です。

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.