1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 知っておきたい
  4. ≫AGAは遺伝が原因だから治らないって本当?

AGAは遺伝が原因だから治らないって本当?

遺伝で禿げる

多くの成人男性の悩みの1つに薄毛があり、その原因は遺伝であるケースが多いということは広く知られています。これを読んでくださっている方の中にも、父親や親戚が薄毛でから自分が禿げるのは仕方ないと思っている方も、いらっしゃるのでしょうか?

しかし、遺伝だからAGAはどうしようもないと諦めるのは非常にもったいないです。というのは、今や薄毛は治療できる病気となかったからです。

確かに一昔前ですと有効な治療薬がありませんでしたので、これといった対策を行う事ができませんでした。あるいは、効果の怪しい育毛剤を付けるしか、方法はなかったです。そのため、増える抜け毛や薄毛を進行を食い止める事は困難でした。

しかしながら、今は有効な治療薬が登場していますので、仮にAGAが発症してしまった場合でも、適切な対策を行う事によって薄毛を改善する事ができるのです。

では、どういった対策方法によって薄毛を改善するのかという事ですが、フィナステリドやミノキシジルが挙げられます。

フィナステリドとミノキシジル

それらの内の、まずフィナステリドについてですが、これはプロペシアという飲み薬に含まれている成分です。

フィナステリドには脱毛物質を抑える作用がありますが、脱毛物質を抑える事によってヘアサイクルを正常化する事を期待ができます。そしてヘアサイクルを正常化させる事によって、元の健康的な髪の毛が生え易くなりますが、AGA対策のメインとも言える治療薬になります。

そしてもう一つの治療薬としてミノキシジルも挙げられます。ミノキシジルはロゲインやリアップX5に含まれいている成分です。

ミノキシジルの効果としては、血管拡張作用による血流の促進及び毛母細胞の活性化になります。ミノキシジルは医学的にも発毛が認められている成分ですので、AGA対策の為にも欠かす事ができない存在です。

ちなみにフィナステリドとミノキシジルはどちか片方だけではなく、併用して利用する事が望ましいと言えます。フィナステリドは脱毛物質を抑える為の作用しかありませんので、ミノキシジルで発毛を促す必要があるからです。

反対にミノキシジルだけですと脱毛物質の存在によって効果が薄くなりますので、フィナステリドで発毛の阻害になる脱毛物質を食い止める必要があるのです。

なお、それらの治療薬はAGA治療専門クリニックで処方してもらうことが可能です。当サイトでも、以下の記事で大阪(難波や梅田)にあるおすすめのクリニックを紹介していますので、よろしければそちらも参考にしてくださいね。
梅田のAGA病院ランキングはこちら

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.