1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 知っておきたい
  4. ≫AGA治療をした男性は不妊になるって本当なの?

AGA治療をした男性は不妊になるって本当なの?

AGAで不妊

最近髪の毛が薄くなってきたり、特定の部分だけ髪の毛が徐々に寂しくなってきたりする人が、中年だけでなく若い男性の中にも増えてきています。

最初は仕事のストレスや寝不足など不規則な生活が続いているがために、そのようになっているのかと思ったり、または年齢的なもので仕方がないと思っているかもしれません。しかし、薄毛の症状は放置しても改善することはありませんので、髪の変化に気付いたときには、すぐにAGA専門のクリニックへ行くべきです。

なぜなら、AGAと判断されればミノキシジルやフィナステリドを活用した投薬による治療を受けられますので、それにより改善の可能性があるからです。昔と違い禿げ・薄毛は治療できる病気になってきますからね。

ただ、そのような治療方法が多くのクリニックで採用される中で、次のようなウワサも聞くようになりました。それは、AGA治療している男性が不妊になるという噂です。

つまり、その噂によるとAGA治療しているときには、男性としての生殖機能が発揮されず、仮に性行為を行ったとしても、妊娠できにくい状態になることです。たとえば、精子の数が減退したり、勃起不全になってしまうということを指します。

この真偽についてですが、薄毛治療でフィナステリ(プロペシアの有効成分)ドという薬を使用した場合に、ごく少数ですが(確率にして数%程度)、性欲が減退する副作用が報告されています。

プロペシア

おそらく、その副作用に尾ひれがついて、広まってAGA治療をすれば不妊になると広まったのでしょう。もちろん、ほとんどの男性はAGA治療したからといって不妊になるわけではありません。

なかには神経質な方もおられるので、やはり心配だと思われる方は、AGA専門の病院で先生の相談しながら、治療をするめるのが良いでしょう。それなら、もし性欲減退したときなども、きちんと相談にのってくれますからね。

最近は、個人輸入を活用してもフィナステリドが配合されたプロペシアやエフペシアを購入することができます。しかし、EDのような副作用が不安と言う方は、きちんと病院で専門医に処方してもらうようにしましょう。そらなら、安心してストレスなく、治療を進めることか可能ですからね。

当サイトでも、大阪の梅田・難波・天王寺などにある、おすすめできるAGA専門クリニックを紹介していますので、関西在住で病院で薄毛治療をしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。
難波・梅田のAGAクリニックランキング

頭髪のことでも悩みを持っている上に、不妊のことに関しても悩みを持ってしまうと、本当に精神的に参ってしまいますので、できるだけ気にしないようにするのが得策だと考えます。専門医にすべてお任せして治療をきちんと行い、改善されたらそんな悩みも忘れてしまいますので、しっかりと治療に専念するようにしましょう。

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.