1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. 知っておきたい
  4. ≫大学生の薄毛はAGA病院で治療することはできるの?

大学生の薄毛はAGA病院で治療することはできるの?

大学

強力に薄毛を促進する脱毛症としてAGAがありますが、時には短期間で薄毛になってしまう事もあります。そのため、抜け毛が増えだしてきたけれども、まだ髪の残っているどいう段階で治療をするべきです。そうしないと、取り返しのつかないことになりますからね。

それからAGAというと40代・50代以上の中高年に多いというイメージを持っている方も少なくありませんが、そんなことは決してありません。食生活や生活習慣が欧米化している影響で、抜け毛で悩む若い世代が非常に植えています。

中には大学生の年齢でAGAが発症する事も少なくありません。そして、そのまま放置すると、たとえ若い年齢であっても、中高年の形たちと同じように薄毛になる事もあります。

それにやはり若い内から薄毛になるのは辛いものです。周りにフサフサに髪がある人が多い分、コンプレックスを強く感じますからね。ですが、大学生のような若い年齢でも病院で薄毛治療を受けることはできるのでしょうか?

未成年の方は不可能ですが、基本的には20歳以上なら病院で、AGA治療薬を用いて治療する事ができます。そのため、抜け毛が増えてきたと感じても、成人ならば病院で治療を受ける事ができます。

では、病院ではどういった治療を受ける事ができるのかと言いますと、まずはフィナステリド薬の処方が挙げられます。プロぺシアやフィンペシア、エフペシアに配合されている成分ですね。

agaを改善する為には脱毛物質を抑える事が重要になるのですが、フィナステリドには脱毛物質を抑える為の作用がありますの。それにより、抜け毛を防止する事ができますし、ヘアサイクルも正常化して丈夫な髪の毛が生え易くなります。

ただ、注意しなくてはいけないことは、フィナステリドには発毛作用が無いことです。あくまでも脱毛物質を抑える為の作用にしか過ぎませんので、発毛させる為にはもう一つの治療薬であるミノキシジルを利用する必要があります。ロゲインやカークランドに配合されている成分ですね。

ロゲイン

ミノキシジルの効果についてですが、主な作用は血管拡張になります。血管拡張作用によっては血流量をアップする事ができますし、さらには毛母細胞の活性化にも繋がりますので、発毛を促す事ができます。

それぞれを併用する事によって、より高い効果を期待できる治療を受けることが可能ですよ。また、大阪の梅田・難波・心斎橋のAGAクリニックを当サイトで評価したランキングは、次のページで紹介していますので、そちらもご参考にしてください。
難波・梅田のAGAクリニックの評価ランキング

【最新版】大阪のAGAクリニックランキング

AGA病院ランキング
薄毛治療に特化した大阪のAGAクリニックを徹底評価し、ランキング化しました。梅田・難波・天王寺でおすすめのAGAクリニックを知りたい方はチェック!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.